市場動向の調査、市場調査レポートの販売ならリサーチ会社アクトプローブ。国内市場・海外市場を問わずプロの調査員がリサーチ致します。
 

金属3Dプリンターの今後の市場動向(2)”装置編”

2014/02/21

金属3Dプリンターはプレート上に敷かれた金属粉末をレーザー及び電子ビームによって溶融・固化を繰り返しながら積層するパウダーベットタイプが現在の主流となっている。
パウダーベットタイプの金属3Dプリンター(金属積層造型装置)は欧米中心に世界的な広がりを見せているものであり、その点では日本は若干後れを取っているといっても否めない。
日本においては大手企業を中心にして金属積層造型の開発研究がなさえてきたが、今から10年程前にようやく上市された。
装置の価格は本体、周辺機器を含めたシステム価格は8000万円~1億円となっている。


201602241731_1.png
 

Introduction会社紹介

当社は、調査企画、フィールド調査、調査結果の分析、報告といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行い、クライアントである企業に役立つ情報を提供することを常に考えています。

Menuメニュー

Contactお問い合わせ

問い合わせ

株式会社アクトプローブ
代表取締役 紙 武司

住所