市場動向の調査、市場調査レポートの販売ならリサーチ会社アクトプローブ。国内市場・海外市場を問わずプロの調査員がリサーチ致します。
 

金属3Dプリンター 今後の市場動向(1)

2014/02/14

欧米で先行している3Dプリンター。中でも金属を対象として3Dプリンターは産業分野で活用が期待されるものとして現在、注目を浴びている。しかし、ユーザーの3Dプリンターへの過剰な期待が、結果として、失望感に変わっていくことを認識することが、過去の経験から見えてくる。

中でも、金属の3Dプリンター(金属積層造型)は製品化の当初から産業分野での適用を狙ったものであり、造型性に対するユーザーの要求が高く、そのことが導入を阻害している大きな要因の一つとなっている。
金属3Dプリンター市場は、大きく”装置”、”材料”、”受託加工”(サービスビューロ)という3つの要素によって構成されており、各々で解決するべき課題が山積している。

次回は”金属3Dプリンター今後の市場動向(2)”装置編”を予定。

201602241731_1.png
 

Introduction会社紹介

当社は、調査企画、フィールド調査、調査結果の分析、報告といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行い、クライアントである企業に役立つ情報を提供することを常に考えています。

Menuメニュー

Contactお問い合わせ

問い合わせ

株式会社アクトプローブ
代表取締役 紙 武司

住所