市場動向の調査、市場調査レポートの販売ならリサーチ会社アクトプローブ。国内市場・海外市場を問わずプロの調査員がリサーチ致します。
 

定期刊行レポート「MAMトレンド」

<レポート名>
MAMトレンド (Metal Additive Manufacturing Trend)
 
<レポートの目的>
金属3Dプリンターによる金属積層造形が広く産業界に普及するようになって約10が経過した。この10年の間に少しずつではあるが認知されてきたが、残念ながらいまだ産業分野において本格的な普及には至っていない。一方、積層造形技術が本来持っている潜在的なポテンシャルは多くの見識者で共通して高い評価となっている。今後、金属積層造形市場の更なる拡大を目指す上で、このギャップを埋めることが最大の課題と言える。そこで、このたび発刊する定期購読レポートでは、将来の市場拡大のためのキーワードになるような金属積層造技術に関連する国内外の最新のマーケット動向、技術動向について幅広い視点からの情報収集を行い、尚且つその情報をリアルタイムで皆様にお伝えすることによって、金属積層造形の発展に寄与することを目的としている。
 
<レポートの骨子>
対象は金属積層造形技術を中心とする。また、レポートの重点項目として下記の内容についてのトピックスを紹介する。
① “装置・システム”、“材料”の最新動向、ユーザーでの導入事例紹介
②造形技術に関連する最新の情報をハード、ソフト、周辺技術といった観点から情報収集
③海外動向(アプリケーション開発、技術開発等)
④マーケット動向(毎年12月に発刊する冬号では装置、材料、サービス各カテゴリーにおける国内外の市場規模を定量的に掲載する)

◆MAMトレンド 2016年春号の掲載内容


【装置】
Formnextにみる装置の大型化から自動化への進展
 Formnext展示会の概要
 EOS社 EOSINT M100の市場投入によるインパクト
 Additive Industry社の自動化にフォーカスしたシステムソリューション
 国内勢としてFormnextに初出展した松浦機械製作所の狙い

【材料】

高まる新たな合金パウダーの開発ニーズ
 炭素鋼等汎用パウダーの可能性を探る
 ハイエントロピー合金の開発(東北大、日立)と市場への適用
 新たなアトマイズ法によるパウダーの製造
 アルコアからのエアバス向け積層造形用チタン合金の提供
 海外の有力パウダーメーカーの金属積層造形ビジネス

【サービス】

全国で広がる金属サービスビューロの実態と課題
 エンドユーザーから求められる造形品質の向上と精緻なノウハウが成長の鍵に
 サービスビューロのコスト試算

【関連技術】

造形品質における熱影響とその対策
 避けては通れない熱歪み、残留応力の問題をどう解決するのか

【市場】

税制・補助金による市場の活性化
 新たな補助金制度の活用によって再び活性化するのか


◆今後の予定掲載テーマ【夏号以降に掲載予定】

・FIT社(ドイツ)等海外の有力ビューロの事例
・金属積層造形のトレーニングビジネス
・ハイブリット造形(既存製品への追加造形)の可能性
・後加工を必要とする場合の位置決めテクニック 等
 
以上のテーマ以外に皆様からのご提案を随時受け付けておりますので、取り上げて欲しいテーマ等があれば、弊社HPのお問い合わせにご記入いただきご返送ください。

試読版はこちらから
 


201602241731_1.png
 

Introduction会社紹介

当社は、調査企画、フィールド調査、調査結果の分析、報告といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行い、クライアントである企業に役立つ情報を提供することを常に考えています。

Menuメニュー

Contactお問い合わせ

問い合わせ

株式会社アクトプローブ
代表取締役 紙 武司

住所