市場動向の調査、市場調査レポートの販売ならリサーチ会社アクトプローブ。国内市場・海外市場を問わずプロの調査員がリサーチ致します。
 

【3Dプリンター 材料】 金属3Dプリンター市場の将来展望 2014

―目次―
第一章 金属積層造型の概況
1.金属積層造型とは
2.金属積層造型技術
(1)レーザー方式
(2)電子ビーム方式
3.金属積層造型市場を構成している分野
4. 日本における金属積層造型の状況~欧米市場との違い~ 
5. 過去の教訓と普及のための条件
(1)過去の教訓
(2)金属積層造型市場拡大のための条件
(3)他工法との比較に見る金属積層造型の優位性
(4)日本における金属積層造型市場の今後のシナリオ
6.金属積層造型装置のラインナップ状況
(1)EOS社
(2)Consept Laser社
(3)Arcam AB社5
(4)SLMソリューションズ社
(5)3D Systems社
(6)ExOne社
 
第二章 金属積層造型装置市場動向
1.ワールドワイドにおける装置市場動向
~日本では年間数台、ワールドワイドではその10倍以上の販売実績が~
(1)金属積層造型装置ワールドワイド市場規模推移(2010年~2013年)
(2)メーカー別累計販売シェア
(3)国別累計販売シェア
(4)金属積層造型装置ワールドワイド市場規模予測(2014年~2020年)
2. 日本における装置市場動向~海外製品(代理店販売)に対抗する形で参入した国産メーカーの戦略~
(1)日本における金属積層造型装置市場規模推移(2010年~2013年)
(2)メーカー別(代理店別)累計販売台数
(3)日本における金属積層造型装置市場規模予測(2014年~2020年)
(4)日本での販売代理店及びメーカー一覧
3. 金属積層造型装置の製品ラインナップ~世界を席巻する欧州メーカーと日本での新たな動き~
(1)EOS社
(2)Consept Laser社
(3)Arcam AB社
(4)SLM Solutions社
(5)3D Systems社
(6)松浦機械製作所
4. 日本と欧米での需要分野の違いと今後の方向性~異なる開発アプローチによるターゲットの違い~
(1)欧米と日本の需要分野傾向と適用例
(2)需要分野の今後の方向性
 
第三章 金属積層造型材料市場動向
1. 金属積層造型材料の種類
2.ワールドワイドにおける材料市場動向~装置メーカーによる造型材料の自社ブランド化戦略とユーザーニーズの乖離~
(1)金属積層造型材料ワールドワイド市場規模推移(2010年~2013年)
(2)金属積層造型材料ワールドワイド市場規模予測(2014年~2020年)
       ①数量
       ②金額
       ③材料別出荷予測
        1)チタン合金
        2)コバルトクロム合金
        3)ニッケル合金
        4)ステンレス
        5)マルエージング鋼
        6)アルミ合金
       ④材料別伸長率(重量比)
       ⑤2020年における材料別構成比
(3)材料の供給方法
3. 日本における材料市場動向~装置メーカーの材料戦略と国内代理店の対応~
  (1)日本における金属積層造型材料市場規模推移(2010年~2013年)
  (2)日本における金属積層造型材料市場規模予測(2014年~2020年)
       ①数量
       ②金額
       ③材料別出荷予測
        1)チタン合金
        2)コバルトクロム合金
        3)ニッケル合金
        4)ステンレス
        5)マルエージング鋼
        6)アルミ合金
       ④2020年における材料別構成比    
  (3)直近の販売動向
3. 適用材料の拡大~適用材料の拡大が本当に装置の普及に寄与する~
 
第四章 金属積層造型市場の有望分野
1. 金属積層造型の需要分野~医療、航空宇宙分野で先行する欧米と金型分野に注力する日本~
2. 航空宇宙分野での適用と今後の可能性~ボーイング社、エアバス社の採用によってより有望性が増大~
3. 医療分野での適用と今後の可能性~歯科用インプラント、人工関節での潜在市場開拓が課題~
4. 金型分野での適用と今後の可能性~温調金型の2~3%が潜在ユーザーの可能性~
5. 自動車分野での適用と今後の可能性~量産対応が普及の鍵に 欧米では具体的な適用研究がスタート~
 
第五章 金属積層造型市場におけるサービスビューロ
1. 金属積層造型でのサービスビューロの必要性~樹脂3Dプリンターと同じ経過をたどることによって市場拡大が一段と早くなる~
2. 海外におけるサービスビューロの実態~Material Solution(英)での成功事例にみるサービスビューロの事業戦略~
3. 日本におけるサービスビューロの実態~ようやく本格的に動き始めた日本でのサービスビューロ事業~
     (1) 日本におけるサービスビューロ事業者一覧
     (2) DMM.COMの新たな取り組み
 
第六章 金属積層造型装置メーカー別最新技術動向(Euro Mold 2013における最新メーカー動向)
1.「Euro Mold 2013」の概要
2.「Euro Mold 2013」におけるメーカー別の最新技術動向
    (1)従来機種と最新機種の比較(レーザー出力、造型速度、造型サイズ) ~ユーザーの要求に応える形で量産性を意識 した開発がより明確に~
    (2)プロセスの自動化~省人化を進め、生産効率を追求する機能が新たに追加される~
    (3)メーカー別最新製品の特徴
       ①EOS~造型エリアの大型化と自動化で量産を目指す~
       ②Consept Laser【Xline 1000R】~金属積層に特化した戦略~
       ③Arcum AB【Q20】~電子ビーム方式による差別化で新規開拓~
       ④SLM Solution【PSA500】~MMT時代を含めて長いノウハウの蓄積が強み~
       ⑤Renishaw社【AM250】~レーザー計測技術の延長線上に位置づけ~
       ⑥REALIZER社【SLM50、SLM100】~小型金属積層装置に注力~
       ⑦3D systems社【ProX300】~Phenix 社の買収によって金属積層造型市場に参入~
 
第七章 潜在ユーザーにおける金属積層造型の評価及と最新業界動向
1.金型分野におけるユーザー評価
2.最新業界動向
 (1)金属積層造型の規格化
 (2)Metal Deposition方式との競合
 

201602241731_1.png
 

Introduction会社紹介

当社は、調査企画、フィールド調査、調査結果の分析、報告といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行い、クライアントである企業に役立つ情報を提供することを常に考えています。

Menuメニュー

Contactお問い合わせ

問い合わせ

株式会社アクトプローブ
代表取締役 紙 武司

住所