• トップ
  • 調査レポート
  • 【次世代自動車 材料】 次世代自動車の高強度・軽量化材料市場展望 2013~2025 

市場動向の調査、市場調査レポートの販売ならリサーチ会社アクトプローブ。国内市場・海外市場を問わずプロの調査員がリサーチ致します。
 

【次世代自動車 材料】 次世代自動車の高強度・軽量化材料市場展望 2013~2025 

◆調査レポートのポイント
 本調査レポートではワールドワイドにおける次世自動車を含む自動車全体の構造材(ボディパネル、骨格部品、足回り部品)について、材料別(鉄鋼、アルミニウム等)に2011年から2025年までの市場規模を実態把握し、将来予測を行ったものである。

◆目次
Ⅰ.ワールドワイド自動車生産台数
 1.国別自動車生産台数推移
 2.国別主要メーカ別生産台数推移
  (1)中国
  (2)米国
  (3)日本
  (4)ドイツ
  (5)韓国
  (6)インド
  (7)ブラジル
  (8)メキシコ
  (9)スペイン
  (10)フランス
 3.主要国における自動車生産概況
  (1)中国
  (2)米国
  (3)日本
  (4)ドイツ
  (5)韓国
 4.今後のワールドワイド自動車生産台数予測(2014年~2025年)
 5.国別に見た今後の生産及び部品調達動向
  (1)日本
  (2)米国
  (3)ドイツ
  (4)中国
  (5)韓国

Ⅱ.原材料別に見た主要サプライヤのワールドワイド生産拠点
 1.鉄鋼【普通鋼/ハイテン】
  (1)アルセロールミタル
  (2)新日鐵住金
  (3)JFEスチール
  (4)神戸製鋼所
  (5)ポスコ
 2.アルミ
  (1)アルコア
  (2)ノベリス
  (3)ノルスクハイドロ
   (4)神戸製鋼所
  (5)古河スカイ
 3.CFRP
  (1)東レ
  (2)三菱レイヨン
  (3)東邦テナックス(帝人)

Ⅲ.自動車メーカの原材料調達における要因分析と今後の方向性
 1.原材料サプライヤ生産拠点との関連要因
 2. 自動車の生産品目との関連要因

Ⅳ.自動車部位別材料別市場
 1.材料別(鉄鋼・アルミニウム・マグネシウム・CFRP)市場規模推移及び将来予測(2011年~2025年)【製品重量ベース】
  (1)ボディパネル
  (2)骨格部品
  (3)足回り部品
 2.材料別の競争力分析(材料特性、加工特性、生産性、コスト性)

Ⅴ.ワールドワイド次世代自動車市場(2014年~2025年)

Ⅵ.主要自動車メーカの最新動向
 1.ワールドワイド生産体制
  (1)トヨタ自動車
  (2)日産自動車
  (3)本田技研工業
  (4)GM
   (5)Ford
   (6)VW
 2.次世代自動車開発(PHEV、EV、FCV)
  (1)概説
  (2)主要メーカの動向
 3.自動車構造材へのアルミ、CFRP採用状況

Ⅶ.材料別最新動向
 1.鉄鋼
 2.アルミニウム
  (1)自動車用アルミ合金の種類
  (2)超塑性成形法の開発
 3.マグネシウム
 4.CFRP

Ⅷ.加工技術別最新動向
 1.ホットスタンプ(ホットプレス)
 2.ハイドロフォーミング
 3.異種材料接合技術(FSW)

Ⅸ.次世代自動車において求められる高強度・軽量化材料とは
 1.自動車市場における軽量化/高強度構造材の概観
 2.既存自動車(ガソリン車)との構造上の違い
 3.次世代自動車と軽量化ニーズ
 4.使用材料による具体的な軽量化効果
 5. 部位別(ボディパネル、骨格部品、足回り等)に見た材料の必要特性

Ⅹ.次世代自動車部位別材料別市場
 1.材料別(鉄鋼・アルミニウム・マグネシウム・CFRP)市場規模推移及び将来予測(2011年~2025年)【製品重量ベース】
  (1)ボディパネル
  (2)骨格部品
  (3)足回り部品

XI.主要国における燃費規制
 1.日本
 2.米国
 3.欧州
 4.その他

◆調査結果のサンプル(一例)

%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A1-600x260.png
次世代自動車のボディパネルフード部の材料別の市場規模推移及び予測

201602241731_1.png
 

Introduction会社紹介

当社は、調査企画、フィールド調査、調査結果の分析、報告といった一連の業務を長年経験したプロの調査員が独自のリサーチ方法、専門性を活かした調査を行い、クライアントである企業に役立つ情報を提供することを常に考えています。

Menuメニュー

Contactお問い合わせ

問い合わせ

株式会社アクトプローブ
代表取締役 紙 武司

住所